2012年07月31日

手術室でiPadが使える!?

みなさんこんにちは、くっちーです。
先日もご報告いたしましたが、7月18日〜20日、第67回日本消化器外科学会総会にてM2PLUS製品の展示、ハンズオンセミナーを行いました。今日は弊社製品ではないですが、タブレット端末(特にiPad)ユーザーに役立つのではないかと個人的に感じたグッズをご紹介したいと思います。

まずは、i-Medicoat アイ・メディコート
画像はないのですが、こちらはタブレット端末用の滅菌収納バッグです。
iPadなどのタブレット端末が病棟などにとどまらず、手術室でもご利用いただける優れものです。初回は滅菌された状態での納品とのことで、そのまま滅菌環境でご利用が可能だそうです。しかも防水加工も施され、手術室だけでなく、浴室でiPadを利用しているドクターもいるのだとか。

いろいろな場面でiPadをご活用されている医療従事者の皆様にお役に立つのではないでしょうか。※詳細は販売会社にお問い合わせください。

またもう一つ興味深かったのが、今回共同で出展をさせていただいた三谷商事(株)の担当者から伺ったグッズ、「iPadを入れることができるポケット付き白衣」(注:製品名ではございません)です。iPadはPCに比べたら持ち運び安いけど病棟などではさすがに大きくて困るというお声を我々もよくいただくので、白衣のポケットに入れて持ち運べるようになるとiPadの魅力がさらにUPするのでないでしょうか?こちらも画像はなく、また立ち話で伺っただけなので詳細な情報は残念ながらないのですが、その白衣があれば特別なケースがなくてもiPadを常に携帯できるとのことでした。

ということで、今日は消化器外科学会で知った便利グッズをご紹介させていただきました。
なお明日M2PLUSでは新製品の発売がございます。
こちらもぜひお忘れなく!!

top-kanpou3-goonsale.pngtop-12mquick1-goonsale.png

以上、現場のくっちーがお伝えいたしましたカラオケ


posted by hio at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 出展情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。