2012年11月22日

日本循環器学会北海道地方会に出展いたします!

みなさんこんにちは、くっちーです。
本日は、土曜日に学会に出展するので、そのお知らせをさせていただければと思います。

11月24日(土曜日)に行われます第108回日本循環器学会北海道地方会に企業ブースを出させていただき、M2PLUS製品の展示を行います。(今回は現地での販売は行いません)

今回はいつもお持ちしているiPad3に加え、新たに導入したiPad miniNexus7もお持ちしますので、実際にいろいろな端末で製品をお試しいただければと幸いです。。

端末によってかなり使用感も異なってますので、端末自体のご購入をお考えの方もぜひお立ち寄りください。

ちなみにしつこいようですが、端末を並べてみました。
NewIMG_0479.jpg

私個人としては、Retinaディスプレイではないですが、薄さ・軽さ、また動作の点からiPad miniがおすすめです。
ぜひ当日触って比べてみてください。

ちなみにM2PLUSでは扱っている循環器関連の書籍を少し紹介いたします。


心不全の病態と薬の使い方


「想像以上にさまざまな状況に遭遇する心不全の治療において、薬の正しい使い方と、その使い方を導き出すための考え方を解説した書。病態のとらえ方や各薬剤の特徴と処方のポイントを簡潔かつ分かりやすく示した。さらに、キーワードとして「心保護」を挙げることで、今までの薬物治療から一歩踏み込んだ考え方を提案している。臨床の現場でぜひお役立ていただきたい書です。」



不整脈診療Skill Upマニュアル


「不整脈診療の基本的な考え方、検査、薬物療法、アブレーション、除細動器等について解説した、循環器内科後期研修医にオススメの書。
疾患ごとに、特徴、診断の進め方、心電図診断、治療の実際とポイントを解説し、薬物療法は患者の状態や状況に応じて具体的な処方例を紹介。日常診療ですぐに役立つ1冊です。」



EBM循環器疾患の治療2012-2013


「今日の正しい循環器治療のための実践書。
循環器疾患のグローバルスタンダードを、各種メガトライアル、代表的な重要文献に基づいて解説する。今日の日常診療で問題となるテーマ、判断に迷うようなテーマについて、常に流動しているエビデンスのなかから真に有用なものをピックアップし、問題点と限界、本邦の患者に適用する際の注意点などから治療の指針を示す。」


さらに今回、第108回日本循環器学会北海道地方会の会長の筒井 裕之先生が編集・執筆に携わった
心血管病薬物治療マニュアル
も、来年になってしまいますが、発売を予定しております。

ぜひ北海道地方会にご出席される際には、お立ち寄りいただければ幸いです。
以上、現場のくっちーがお伝えしましたカラオケ


posted by hio at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。