2012年12月18日

「日経メディカル Cadetto」今週発売!

みなさんこんにちはくっちーです。
毎度同じようなことを書いていますが、日中の札幌は猛吹雪。数メートル先の見通しもほぼないくらいの荒れた天気でございました。日が暮れてからは雪も止んだので一安心ですが、今年は初雪が遅かったのに、ここまでは昨年より雪が多いように感じますたらーっ(汗)

さてメールニュースやM2PLUSホームページのNews & Topicsでご案内させていただきましたとおり、今週木曜日(20日)に、すでにお馴染みとなりました「日経メディカル Cadetto」の2009年度版 バックナンバーを発売いたします!

IMG_0219.JPG

「日経メディカル Cadetto」は、35歳までの若手医師・医学生のための無料会員制サイトCadetto.jpが発行しているU35ドクターに贈る Workstyle Magazineです。本来35歳までの医師・医学生限定で提供されているマガジンとなるのですが、電子版では年齢制限なく、お気に入りのCadettoをお持ちのiOS・AndroidOS端末でご覧いただけます。さらに2009年版バックナンバーの電子版が手に入るのはM2PLUSだけです。

ちなみに今回発売の4製品の特集は・・・


2009 Spring

2009 Springの特集は"なんでもVS"です。
≪キャリア≫博士号取得 VS 臨床留学、≪マネー≫賃貸 VS 持ち家、≪女医≫医者 VS サラリーマンなど、とにかく何でも二者択一で感がてみようという、この異色な企画。名付けて「なんでもVS」。あなたは、どっち?



2009 Summer

2009 Summerの特集は"会話力"です。
患者から信頼される、同僚やナースに気軽に仕事を頼める、上司から評価される――― そんな理想的な人間関係を築くために必須なのが会話力。話下手、聴き下手であるがゆえに、あなたは損をしていないだろうか。"言葉のプロ"が伝授する、会話力を高めるポイントとは・・・。



2009 Autumn

2009 Autumnの特集は"やっぱり 医局がスキ"です。
「奴隷のようにこき使われる」「面倒なルールに縛られる」―――。時に諸悪の根源のように語られる大学医局。だが、よくよく聞いてみると、みんな結構医局が好きらしい。なんだかんだ言っても、医師を医師として育ててくれるのは医局だけ。あなたもきっと、医局LOVE。



2009 Winter

2009 Winterの特集は"自分が病気になったら、医者はどう変わるのだろうか"です。
病気が、その人の人生を大きく左右することがある。それは、日々、病気と対峙している医師であればなおさらだ。医師としてのあり方、患者との接し方、家族との関係―――。病気は医師をどう変えるのか?


もちろん特集以外にも、Clinical LectureやColumnなど若手医師に役立つ情報満載!
さらに2009年版以外にも、2010〜2012年版も好評販売中です。
IMG_0224.JPG

ぜひ読みたかったけど読めなかった特集・記事をお探しくださいexclamation
以上、現場のくっちーがお伝えいたしましたカラオケ


posted by hio at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。