2013年01月28日

画像診断コンパクトナビ(第3版)の部位名ポップアップ♪

みなさんこんにちは。
札幌の大通公園では、着々と来週から開催される雪まつりの準備が進んでいるようです。
今年は例年よりも降雪が多いので、巨大な雪像にも期待?できるのはないでしょうかわーい(嬉しい顔)

さて、土曜日より第2弾のご提供を開始した「電子版画像トレーニングカード」ですが、今日はその雑誌『KOKUTAI』の出版社でもある医学教育出版社さんの『PDA版画像診断コンパクトナビ(第3版)』をご紹介したいと思います♪

001.png

お陰さまで、PDA版は昨年9月の発売以来、大変ご好評を頂いております。
製品アンケートにお寄せ頂いた、お客様の声の一部をご紹介させて頂きます^^




yn2012-008.png
画像診断学の基本からわかりやすく提示されておりレスポンスもよく、非常に役立つ。

yn2012-010.pngこの本のように、その場でその時に答えが欲しいという用途のものが、手軽に持ち運べすぐに知識が得られるようになったのでとても重宝しています。画像も見やすいです

yn2012-009.png解剖が苦手なので、画像にタッチするとその名前が出てくる機能がとても役立ちます。画像初心者にはピッタリな本だと思います。


多くの方にご活用いただき、嬉しい限りです^^
今日は、上記お客様の声で赤文字の部分、「画像にタッチするとその名前が出てくる機能」についてご紹介したいと思います!

こちらは、製品を起動して最初の画面(目次)です。
「I章 画像解剖学」の部分に、上記機能が搭載されています!
006.png

たとえばこちらのMRI画像。
数字のふられた部位をタップすると、
002.png

このようにポップアップで、部位名が表示されるのですひらめき
003.png

サーチ(調べる)Zoom
004.png

この機能を活用いただければ、画像を見ながらクイズ感覚で部位名を確認することができます。
医学生・研修医必携の書、ぜひ電子版ならではの機能もお試しください♪

さらに!
現在無償提供中の、電子版画像トレーニングカードの関連語句から、『画像診断コンパクトナビ(第3版)』へリンク参照も可能となっています!
以前の紹介ブログを見る


それでは、今週もよろしくお願いします!
以上、現場のhioがお伝えしましたカラオケ



posted by hio at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。