2013年02月04日

現在ランキング一位「臨床医へ贈る抗認知症薬,向精神薬の使い方」徹底解剖!

みなさんこんにちは、くっちーです。
先週はあたたかい日が続いていたここ札幌ですが、日曜日(昨日)は最高気温が-5℃とまた寒さがぶり返してしまいました。寒くなってしまいましたが今週末から医師国家試験ですので、受験される方は体調にはくれぐれもお気をつけください手(グー)

さて今日は、現在eBookStoreのベストセラー&立ち読みの両ランキングで堂々トップの「臨床医へ贈る抗認知症薬,向精神薬の使い方―こうすれば上手に使いこなすことができる」をご紹介させていただきますexclamation



まずは目次
1.PNG

そして詳細ページ1
2.PNG

薬剤の作用機序、適応、剤形、用法・用量…と、臨床医が薬物療法を行う際に知っておくべき事項を中心に解説されています。(iOSではもちろん、今日の治療薬へのリンクもついていますので、より詳しく薬剤情報を調べるといったことも可能です)

そして詳細ページ2
3.PNG

薬剤の画像が掲載されているので、、視覚的にもわかりやすく、さらにマーキング(黄色)で囲んでみましたが、ちょっとした情報も記載されているのでとっても便利ですわーい(嬉しい顔)

詳細ページ3(見開き)
4.PNG

ここでは実際の使用例が解説されています。
さらに注意すべき副作用、処方の手順なども載っています。

物忘れ外来で4000人以上の患者を診療してきた著者のノウハウが詰まった実践書!
かかりつけ医や非専門医、これから認知症診療に携わる予定の若い先生方にぜひご活用いただければ幸いです。

以上、現場のくっちーがお伝えしましたカラオケ


posted by hio at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品徹底解剖! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。