2014年07月09日

【iOS】付箋機能のおさらいと改良点

みなさんこんにちは。
W杯準決勝・・・予想だにしない結果となりましたね…がく〜(落胆した顔)
個人的にブラジルを応援していただけに、残念無念です。。さて、ドイツとの決勝の相手はどこになるのでしょうか目

今日は、M2Plus Launcher for iOSの「付箋機能(Sticky)」をご紹介したいと思います。
付箋機能とは、その名の通り、画面に付箋メモを残せる機能ですひらめき

先日発売したApplicationStoreの新製品がん診療 UP TO DATEで見てみましょう!

まずは、メニューボタンの中の[Edit]をタップして、その中にある[Sticky]を選択します
01.png

すると、キーボードが起動して、文字入力画面になります。
ここでメモの内容を入力します。
編集中に画面左上の設定部分をタップすると・・・
02.png

文字のサイズ・色、そして付箋の色が変更可能です。
05.png

このように、付箋機能では、画面上の好きな場所にオリジナル付箋メモを残すことができます。
03.png


「不要になった付箋メモは削除できますか?」
とお客さまからお問合せを頂くことがありますが、もちろん、削除も可能です!

以前のバージョンでは、削除をする際に該当の付箋部分を3回連続でタップ(トリプルタップ)をする仕様でしたが、操作が少々分かりにくい、とのお声をいただき、M2Plus Launcher 3.9.6以降では、以下のように改良しましたひらめき

該当の付箋を2回連続でタップ(ダブルタップ)すると、このように選択肢が表示されます。
<Edit(編集)/Copy(コピー)/Cut(切り取り)/Delete(削除)>
ここで、Deleteを選択すれば、削除完了です。
メモの内容を再編集したい場合は、Editをタップしてください。
04.png

さらに、M2Plus Launcherのホーム画面から[Memo]をタップすると、お持ちの全コンテンツで残した付箋メモの一覧を見ることができます。
06.png

この一覧からも、直接付箋メモの削除が可能です。
削除したいメモを長押しタップすると、確認メッセージが出てくるので、OKで削除完了です。
07.png


たとえば、付箋の色ごとに決め事をしてメモを残していくなど、オリジナルのルールを作って活用いただくと、より電子版の便利度がアップするかと思いますグッド(上向き矢印)
ぜひぜひご活用ください!

以上、現場のhioがお伝えしましたカラオケ


posted by hio at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お問合せから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。