2012年10月01日

動画付きeBookStore製品のリンクについて

みなさんこんにちは。
今日から10月ですね♪最近は一段と日が短くなり、ここ札幌は刻一刻と冬の訪れが近づいています;

さて、今日はお客様より頂いたお問い合わせの中から、こちらの件についてご説明させていただこうと思います。

「動画付きeBookStore製品の動画は、どうしたら見られるのですか?」

現在eBookStoreから販売中の動画付き製品は30個ほどありますが、実際にどうやったら動画が再生できるのか、とのお声を頂きまだまだご説明不足であると痛感いたしました。

そこで、今日は簡単に動画再生の方法についてご説明したいと思いますひらめき

書籍の体裁により、動画のリンク場所は若干異なります。
たとえばこちらの「整形外科手術イラストレイテッド肩関節の手術[動画付き]」を見てみたいと思います。
目次(TOC)ページを開き「Link」ボタンをタップします。リンクが張られている箇所がグレーになります。
01.png

こちらの書籍のように、目次の中に【DVD】【動画】といったマークがついている場合は、その部分をタップするとその場で動画再生が可能です。
02.png

  ↓  ↓  ↓  動画再生中
03.png


動画を収録したページを開くと、基本的には「ページタイトル」の部分に動画リンクが設定されています。タップすると自動的に再生が始まります。
04.png

  ↓  ↓  ↓  動画再生中
05.png


一方、こちらの書籍のように動画収録ページ内に【動画】マークがついている場合は、そのマークの部分にリンクが設定されています。

06.png

  ↓  ↓  ↓  例)そこが知りたい 上部消化管内視鏡の基本 Q&A[動画付き]

アイコンだけでなく、下図のように本文中に動画参照の文言がある場合は、そのテキスト部分からもリンク可能です。
08.png

 ↓  ↓  ↓  動画再生中
09.png


動画を再生する際は、基本的には「ページタイトル」または「DVD(動画)マーク」にリンクが設定されていますので、そちらから再生をしてご活用くださいひらめき


また、現在「Link」ボタンをタップすると、動画リンクの箇所もその他のページ内(外)リンクと同じグレーに色がつきますが、より区別しやすいように、動画リンクの箇所は“ピンク色”になるよう改良予定です。
今月中旬〜下旬頃には皆さまに改良版をご提供できる予定ですので、もう少々お待ちいただければ幸いです。

以上、現場のhioがお伝えしましたカラオケ


posted by hio at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お問合せから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

今日の治療薬「薬効別分類表示」をチェック!


みなさんこんにちは。
今日は、お客さまからのお問合せから今日の治療薬2012における「薬効別分類表示」についてご紹介したいと思います。

下記のように、書籍での分類と同じようにPDA版でも薬効別に薬剤の検索が可能です。
book.png

さて、実際どのように確認するのか、iPod touchを使ってご説明しますひらめき

まずは、お持ちの今日の治療薬を起動します。
そうすると、画面の右上にフォルダのようなマークのボタンがあるので、そちらをタップ!
i1.png

するとこのように大分類が一覧で表示されます。
分類名の部分をタップすると・・・
i2.png

選択した分類に属するすべての薬剤が一覧で表示されます。
i3.png

今度は分類名ではなく、その横にある青い矢印のボタンをタップしてみます。
i4.png

すると、さらに細かい分類に絞りこむことができます。
i5.png

ここから調べたい薬剤をタップして詳細画面へ。
i6.png

i7.png

ぜひ薬剤検索の際にご活用ください!

ちなみに、AndroidOSの場合はこちら!
今日の治療薬を起動し左上にある「すべて▼」の部分をタップします
and1.png

すると大分類が表示されるので、調べたい部分をタップして、さらに細かい分類選択へ。
and2.png

and3.png

この後の流れはiOSと同じですね。
and4.png

and5.png

今日の治療薬の動画を配信中なので、ぜひチェックしてみください。


以上、現場のhioがお伝えしましたカラオケ
posted by hio at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お問合せから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

電子化してほしい書籍ランキング☆

みなさんこんばんは。
GWは雨ばかりで、ようやく咲き始めた桜も一瞬で散ってしまいました。。
気を取り直して今週もまたよろしくお願いいたします!

よくメールやBBSなどで、お客さまから「こんな書籍も電子化してほしい」というご要望を頂きます。
具体的なご要望を頂けるのはとてもありがたく、そしてとても嬉しく思っています。
私たちM2PLUSスタッフもぜひ製品化を実現したい!と思う書籍はいーっぱいあるんです。

現在Facebookでは「今後M2PLUSで電子化してほしい医学書は?」というアンケートを実施中ですひらめき
fb.png


現在の人気ランキングベスト5はこちらです!

1 病気が見えるシリーズ(37票)
2 レジデントマニュアルシリーズ(25票)
3 ハリソン内科学(22票)
4 ネッター解剖学アトラス(19票)
4 ワシントンマニュアル(19票)

なかなかすべての書籍の製品化するのは難しいのですが、一つでも多く皆さんが熱望される書籍の製品化実現をめざして、がんばってまいります!
ぜひぜひお気軽にご意見、ご要望をお寄せくださいね。

以上、現場のhio&くっちーがお伝えしましたカラオケ


posted by hio at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お問合せから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。