2013年06月28日

M2PLUSに関して講演を行いました

みなさんこんにちは、くっちーです。

先日、弊社の出塚が一般社団法人 日本電子出版協会さんより下記テーマで講演の依頼をいただき、M2PLUSに関して講演をしてまいりましたので、本日はそのご紹介をさせていただければと思いますわーい(嬉しい顔)

テーマ
---------------
「読書」といっても、楽しむ読書と、知る読書のふたつを区別することができます。ふたつの境目は必ずしもそれほどクリアーではありませんが、いわゆる専門書が「知る読書」圏に属するのは間違いないでしょう。
 大学内を主な生態系とする書籍(専門書、事典・ハンドブック、辞書、教科書他)には、一般書籍にはない性格、またビジネスモデルがあります。同時に一般書籍にはない、デジタル化上のジレンマを抱えています。通常、一般書が初版数万部からスタートするのに対し、専門書の類は数千部、場合によっては数百部からスタートします。それだけ電子化にかけられるコスト的な余裕が少ないにもかかわらず、レイアウトが複雑なものが多く、単純なリフローはかえって可読性を損なう、といった事情があるのです。
 検索性を中心にした、この生態系ならではの特殊性が希求する技術上の「最適解」を展望しつつも、抱えるジレンマへの当面の「現実解」。今回のセミナーではその現状、事例を紹介してみたいと思います。
---------------

では実際の講演の様子です。
少し長いですので、お時間のある際に、またお時間を区切ってご覧いただけると幸いです。

※現在InternetExplorerでエラーが生じることが多いようです。もしご覧いただけない場合は別のブラウザをお試しください

電子出版協会さんでの講演ということで、出版社さんなど企業向けの内容が多くはなっておりますが、M2PLUSが今後どのように展開を考えているかなどにも触れておりますので、ぜひご参考にご覧いただけますと幸いですわーい(嬉しい顔)

以上、現場のくっちーがお伝えしましたカラオケ


posted by hio at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

M2PLUS製品が2端末で使用可能に!?

みなさんこんにちは、くっちーです。
こちら札幌は先週末の寒さとは打って変わり、今日は最高気温26℃(予報)と、とっても暖かくなりました。先週は桜が満開になったとご報告させていただきましたが、すでに夕張メロンの初競りも行われ、春どころか夏が一気に近づいてきたようですわーい(嬉しい顔)
ちなみに初競りでは、2玉で160万円の高値がついたようですたらーっ(汗)

さて今日は、まもなく予定しているM2PLUS製品のライセンス事項の改訂に関してご報告させていただきます。タイトルを見ていただいてもわかるように、まもなくM2PLUS製品(※一部除く)が2端末でご利用いただけるようになりますexclamation×2

これまではライセンス認証の有効・無効を切り替えてご使用いただいておりましたが(詳しくはこちら)、変更後は同一ユーザーなら、有効・無効の操作をせずに2端末でのご使用が可能となりますexclamation

ですので、スマートフォンとタブレット端末をお持ちの方などは、今後は有効・無効のステータスを気にせずに、ますます快適にご使用いただけるようになるのではないでしょうかexclamation&question
iphone_ipad3.png

長らくの間お待たせをしておりました「複数端末への対応」、近日中にM2PLUS Webサイトにてより詳しい情報の公開を予定しておりますので、もう少々お待ちいただけますと幸いです。

以上、現場のくっちーがお伝えしましたカラオケ
posted by hio at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

フロアマップをリニューアルいたしました!

みなさんこんばんは、くっちーです。
もうすぐクリスマスですが、今年は東京など首都圏を含め全国的に雪が舞うかもとのこと。ホワイトクリスマスは綺麗ですが、寒くなると思いますので皆さま風邪などひかぬようお気をつけ下さい。

雪降る聖夜、全国でチャンス

さて、タイトルにも書きましたが、本日M2PLUS Webサイトのフロアマップをリニューアル致しましたexclamation

もともとはeBookStore製品が多くなり、書籍が探しづらいとのお声から始まったこのフロアマップ。その由来から今まではeBookStore製品のみとなっておりましたが、本日からはApplicatioStore製品も一緒にお探しいただけるようパワーアップいたしましたexclamation×2

フロアマップ.png

さらに今回からはフロアマップ内の製品棚をクリックすると、フロアマップ内に関連する書籍が、よく売れている順に表示されます。実際の書店同様マップから棚を選択いただくだけなので、このフロアマップをご覧いただければお探しの製品がきっと見つかると思いますわーい(嬉しい顔)

ぜひ便利になったフロアマップに一度"足"をお運びください
M2PLUS Storeフロアマップリニューアル

以上、現場のくっちーがお伝えしましたカラオケ
posted by hio at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。