2013年10月30日

すべての臨床医におすすめの「考える技術」が待望の電子化!

みなさんこんばんは、くっちーです。
メールニュースやM2PLUSホームページのNews & Topicsでもご案内いたしましたが、今週はeBookStoreより8製品が新登場となります。

そして実は、ApplicationStoreからも新製品の発売を今週、開始致します!
ということで、このまんまブログでは一足早くその新製品をご紹介いたします。

その新製品とは

PDA版考える技術 臨床的思考を分析する 第2版 

すでにM2PLUSでは「PDA版病院勤務医の技術」と「PDA版JAMA版 論理的診察の技術」の2製品を販売していますが、今回はご要望の多かった「考える技術」が新発売となりますexclamation

この書籍、臨床診断学の入門書として高い評価を得ている「SYMPTOM to DIAGNOSIS ; An Evidence-Based Guide 2nd edition」の日本語版で、「最も疑わしい疾患の候補は何か?」「見落としてはならない重大な疾患はどうすれば除外できるか?」「鑑別を進めるにはどんな情報の追加が必要か?」・・・、臨床診断のエッセンスがすべて詰まっていますexclamation×2

各項目毎に情報量が豊富な書籍なので、M2PLUSでは各ページ内に独自の目次を設け、知りたい情報へのアクセスを容易にいたしました。

例えば、第3章「腹痛の原因をどのように調べてゆくか?」にて、
10301.png
↑  ↑  ↑ クリックで拡大表示されます ↑  ↑  ↑

ページ内の目次「第一仮説:虫垂炎」を選択(タップ)すると
10302.png
↑  ↑  ↑ クリックで拡大表示されます ↑  ↑  ↑

このように簡単に知りたい情報へのアクセスができるのですわーい(嬉しい顔)

情報量が豊富ゆえに大変だった知りたい情報へのアクセス。このページ内目次からのリンクと、電子ならではの検索機能がとっても便利なのですダッシュ(走り出すさま)

患者の訴えから最終的な診断にたどり着くまでの思考過程をつまびらかにした名著「考える技術」。医学生や研修医からベテラン医師まで、すべての臨床医におすすめですexclamation×2

ちなみに体験版は明日正午から公開をさせていただく予定です。
皆様のご利用を心よりお待ちいたしております。
以上、現場のくっちーがお伝えしましたカラオケ


2013年10月03日

PDA版STEP内科シリーズ特長4「付箋・カメラ機能(オリジナルノート作成)」

みなさんこんにちは、くっちーです。
現在、米暫定予算の問題がいろいろと報道されていますが、昨日確認をしたところ、PubMedにも影響がでているようです。PubMedサイト上には、引き続き利用はできるとの案内が出てましたが、最低限のスタッフで運営をしているようです。一時的な閉鎖に追い込まれるなど、これ以上の影響がでないことを祈るばかりですあせあせ(飛び散る汗)

さて話は変わりまして、先日発売を開始致しました「PDA版STEP内科シリーズ」の特徴をさらにご案内させていただきたく思います。

4STEP内科をオリジナルノートに!

こちら以前イヤーノートでもご案内をさせていただきましたが、iOSのM2Plus Launcherには付箋機能とカメラ機能を搭載しております。こちらをご利用いただければ、手書きのノートをSTEP内科に貼りつけたり、付箋で情報を追記したりなど、自分独自の情報を詰め込んだオリジナルノートに育てていただくことが可能なのです。

それでは実際に見ていきますexclamation
今回は重要事項が簡潔にまとまった「STEP」ページに情報を追記してみます。
1.png

まずは付箋機能で追記。画面下部「Sticky」ボタンをタップ!

そうすると付箋の入力(編集画面)が表示されます。
2.png

必要事項を入力してから、お好きな付箋の色、文字の色、さらにはサイズを選択いただき貼りつけます。
3.png

お次はカメラ機能。画面右上カメラボタンをタップします。
そうすると画像を今からとるのか(Camera)、すでに端末に保存されている画像を選択するのか(PhotoAlbum)を選ぶ画面が表示されます。
4.png

そしてどちらかご都合の良い方法で、画像を貼りつけ!
5.png

あとはサイズを変えたり、貼りつける場所を変えたりとご自身の目的に沿って編集いただければOKexclamation

6.png

国試まではさまざまな情報を追記して学習にご利用いただき、研修医になってからは忙しい合間に作成した情報を確認するといった効率的なご利用が可能なのです6

ぜひぜひ、自分だけの情報を追記し、オリジナルノートを作成してくださいわーい(嬉しい顔)
以上、現場のくっちーがお伝えしましたカラオケ




2013年09月26日

「STEP内科」シリーズまもなく発売!

みなさんこんばんは、くっちーです。
10月を目前に控え、こちら札幌はだいぶ気温が下がってきました。本日の最高気温17度と、外気がヒヤッと肌寒い季節ですたらーっ(汗)

さてM2PLUSではこの10月、以前メールニュースなどでご案内をさせていただきましたが、ApplicationStoreより待望の新製品の発売を開始させていただきますわーい(嬉しい顔)

その製品とはこちらグッド(上向き矢印)

皆様(特に医学生)から多くの電子化のご要望を頂戴していた「STEPシリーズ」、10月は内科の4書籍が新発売となるのですexclamation×2

医師国家試験対策はもちろん、医学生だけでなく研修医になっても基礎知識の習得・確認にご活用いただける本シリーズ。

M2PLUSの電子版では、各単元の内容が簡素にまとめられた「STEP」の一覧ページをご用意。また自分のノートを直接添付できるカメラ機能やマーキング機能など、書籍を成長させてオリジナルノートにしていただくことができるので、学習や復習の効率がUPすること間違いなしです手(グー)



詳しい活用方法は、実機の画像を使って、また次回ご案内をさせていただきます。便利な機能満載の「STEP内科」シリーズ、もう少々お待ちいただければ幸いです。

以上、現場のくっちーがお伝えしましたカラオケ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。